民進・蓮舫代表、カウンター不発 安倍晋三首相、上手の返り討ち

参院代表質問
 参院本会議で質問する蓮舫氏(民進)

 民進党の蓮舫代表は24日の参院本会議で、安倍晋三首相への代表質問に臨んだ。満を持して用意したのは、自民党への「ブーメラン返し」。国会論戦でプラカードを掲げる民進党の手法を批判した首相の施政方針演説を逆手に取り、野党時代の自民党も同様の手段に出たと攻撃した。ただ、首相の切り返しのほうが一枚上手だったようだ。

(松本学)

 昨年12月の党首討論以来となる首相との対決で蓮舫氏が持ち出したのは、首相の演説の「言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない」という一節だった。先の国会の衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会で、プラカードを掲げて抗議を展開した民進党議員を念頭に置いた発言だ。

 「衆院におけるわれわれの行動に問題があるという批判は真摯(しんし)に拝聴するが、自民党が野党だったころ、同じようにプラカードを掲げ反対行動をとった」

 蓮舫氏は首相を見据えてこう力を込めた。わざわざ「衆院における」と断るあたり、「参院の私は関係ない」と言わんばかりで、いかにも蓮舫氏らしい。

 もっとも、自民党議員が野党時代、高校無償化法案などの採決時にプラカードを掲げ抗議したことは事実であり、首相にとって手痛い反撃ではある。首相は「自民党だけを正当化する考えは毛頭ない」と強調した上で、こう続けた。

 「自民党は不断に自らの行いを省み、緊張感をもって自己改革に努めながら、国民の負託に応えていく」

 先に「反省」を口にされたら、蓮舫氏はもう攻めようがない。首相から「(演説で述べたのは)あくまで一般論であって、民進党のことだとは言っていない。思い当たる節がなければ、ただ聞いていただければいい」とたたみ掛けられると、苦笑を浮かべながら聞き入るほかなかった。

 昨年1月、民主党の岡田克也代表(当時)は代表質問で、「覚悟が足りなかった」と旧民主党政権の力不足を認めた。愚直に国民の信頼を取り戻そうという姿勢は、得意げに「ブーメラン話」を持ち出した蓮舫氏とは対照的に映る。

 蓮舫氏は質問で、中低所得者の底上げにつながるベーシックインカム(最低生活保障)導入も提唱した。現行の社会保障政策・税制への「対案」ではあるが、具体的な財政面の裏づけに乏しく、「財源なき公約」で有権者を失望させた旧民主党を彷彿(ほうふつ)とさせた。

 「『驕(おご)る平家は久しからず』という言葉が頭に降りてくるようだった」

 蓮舫氏は質問後、答弁の印象をこう記者団に語ったが、首相は、迷走を重ねた末に下野した旧民主党政権に対して、この感慨を抱いているのではないか。