産経フォト

ピンクの噴水 「鈴鹿の森庭園」のしだれ梅【360°パノラマ】

風景・生き物

ピンクの噴水 「鈴鹿の森庭園」のしだれ梅【360°パノラマ】

更新 tta2103210001
ピンクの噴水 「鈴鹿の森庭園」のしだれ梅【360°パノラマ】

 ピンクの噴水のようなしだれ梅が庭園一面に立ち並ぶ風景に圧倒された。日が落ちライトに照らされるとさらに優美な姿に変わる。

 三重県鈴鹿市の「鈴鹿の森庭園」は日本伝統の園芸文化である「仕立て技術」の存続と普及を目的とした研究栽培農園。平成26年にオープンし、約2万平方メートルの敷地に八重咲き品種の「呉羽(くれは)しだれ」を中心に全国から集めた約200本を栽培している。

 一般公開されるのは、2月下旬から梅の開花時期に合わせた約1カ月間だが、新型コロナ感染が拡大するで前までは毎年入園者が増加し、一昨年は7万7千人が訪れた。(2021年3月3日、桐山弘太撮影)
(撮影機材:リコー THETA Z1 )

■関連記事 馥郁たる「しだれ梅」 匠の技に酔う 三重県「鈴鹿の森庭園」