産経フォト

闇に広がる神秘の空間 沖永良部島・大山水鏡洞【360°パノラマ】

風景・生き物

闇に広がる神秘の空間 沖永良部島・大山水鏡洞【360°パノラマ】

更新 tta2103020001
闇に広がる神秘の空間 沖永良部島・大山水鏡洞【360°パノラマ】

 鹿児島・奄美群島の沖永良部島はサンゴ礁が隆起した島だ。地下に大小300の洞窟があり、ケービング(洞窟探検)の聖地ともされる。

 「大山水鏡洞(おおやますいきょうどう)」は、島で一番高い大山(標高245メートル)の東部から海へと向かう鍾乳洞で総延長10キロメートル超。全国でも2番目の長さを誇る。

 内部ではつらら状や柱状の鍾乳石と、豊富な地下水が美しい景観を作り出している。(2021年2月3日、彦野公太朗撮影)
(撮影機材:リコー THETA V )

■関連記事 【美しきにっぽん】悠久の時間が生んだ地下宮殿 銀水洞・大山水鏡洞(沖永良部島)