産経フォト

丘を染める530万本の青い花 休園中の「ひたち海浜公園」【360°パノラマ】

風景・生き物

丘を染める530万本の青い花 休園中の「ひたち海浜公園」【360°パノラマ】

更新 tta2004270001
丘を染める530万本の青い花 休園中の「ひたち海浜公園」【360°パノラマ】

 花畑とスカイブルーの空がひとつにつながるような風景だ。行楽日和にもかかわらず、家族連れやカップルの声は聞こえず、静かな絶景が広がっていた。

 茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園では、ネモフィラが咲き誇り一面を淡い青に染めている。同園ならではの風景に昨年は見頃の24日間で約90万人、1日で9万人以上が訪れた日もあった。今年は生育面積を20%ほど拡大し、約4・2ヘクタールに530万本、過去最大の「青い絨毯(じゅうたん)」を楽しめるはずだった。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、首都圏から来場者が多いこともあり、緊急事態宣言が発令される前の今月4日から臨時休園の措置をとっている。

 このような状況でも春の風物詩を見てほしいと、公式ホームページなどで花の様子を公開し、毎日更新している。広報担当の尾沢彰さんは「今年は写真を見て、少しでも心を明るくしてもらえれば。ネモフィラは来年も美しく咲きます」と前向きに話す。

 記録的な暖冬の影響で開花も2週間ほど早く、見頃は4月末まで。同園では一年を通して季節の植物を楽しめる。時期は未定だが、再開に備え通常通り植物の手入れを続けていく。(2020年4月15日、桐山弘太撮影)
(撮影機材:リコー THETA Z1 )

【関連記事】人知れず咲き誇るネモフィラ ひたち海浜公園