産経フォト

ミケランジェロと理想の身体【白洲信哉「旅と美」360°パノラマ】

白洲信哉 旅と美

ミケランジェロと理想の身体【白洲信哉「旅と美」360°パノラマ】

更新 tta1809070001
ミケランジェロと理想の身体【白洲信哉「旅と美」360°パノラマ】

 彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を残し、「神のごとき」と称された男、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)は、自らを「彫刻家」と呼び、システィーナ礼拝堂に描いた『アダムの創造』と『最後の審判』はあまりにも有名だが、「天井画は私の本業ではないので、時間の浪費です」と父親への手紙に記したほどだった。しかも、「我は画家にあらず」という心の深い悲しみを、詩に残し、友人に書き送っていることからもわかる通り、ミケランジェロ芸術の神髄は彫刻にあったのだ。

 二十代前半に完成させたサン・ピエトロ大聖堂の『ピエタ』、フィレンツェ共和国の象徴とされる巨大な『ダヴィデ』など、その卓越した技と美意識が表現された作品は、世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作『ダヴィデ=アポロ』『若き洗礼者ヨハネ』という二点のミケランジェロ彫刻が来日中である。古代ギリシャ・ローマと、ルネサンスの作品約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫っている。

 9月24日(月)まで、東京上野の国立西洋美術館にて開催中。(文・パノラマ写真 白洲信哉氏)
(撮影機材:リコー THETA S )

白洲信哉(しらす・しんや) 白洲信哉(しらす・しんや)  文筆家。昭和40年生まれ、東京都出身。日本文化の普及に努め、展覧会など文化イベントの制作にも携わる。最新刊「旅する美」(発行・目の眼)発売中。