産経フォト

【路上感撮】廃線跡は遊歩道

自然・風景

【路上感撮】廃線跡は遊歩道

更新 sty2105200001
みなとみらい線の開通により地下化された東急東横線。その地上跡地に作られた「東横フラワー緑道」 =横浜市神奈川区(川口良介撮影) みなとみらい線の開通により地下化された東急東横線。その地上跡地に作られた「東横フラワー緑道」 =横浜市神奈川区(川口良介撮影)
みなとみらい線の開通により地下化された東急東横線。その地上跡地に作られた「東横フラワー緑道」 =横浜市神奈川区(川口良介撮影)
画像を拡大する
みなとみらい線の開通により地下化された東急東横線。その地上跡地に作られた「東横フラワー緑道」 =横浜市神奈川区(川口良介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 かつて鉄路が敷かれていたトンネルに人が吸い込まれていく。横浜市神奈川区に延びる約1.4キロの遊歩道「東横フラワー緑道」。長く暮らす住民にとっては、車窓から眺めていた景色を徒歩でたどれる、不思議な感覚を味わえる空間だ。

みなとみらい線の開通により地下化された東急東横線。その地上跡地に作られた「東横フラワー緑道」 =横浜市神奈川区(川口良介撮影)
画像を拡大する
みなとみらい線の開通により地下化された東急東横線。その地上跡地に作られた「東横フラワー緑道」 =横浜市神奈川区(川口良介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 平成16年、みなとみらい線の開業に伴い、東横線の一部区間は地下化され、その地上線は廃止となった。

 廃線跡は横浜市によって遊歩道へ姿を変えた。反町駅から横浜駅までの、徒歩での最短ルートとなっており、電車は走らずとも、沿線住民の生活には欠かせない道となっている。(写真報道局 川口良介)

 ☆「路上感撮」全編は 【コチラから】       

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング