産経フォト

絶景の茶畑で一服の清涼 静岡「天空の茶の間」【動画あり】

自然・風景

絶景の茶畑で一服の清涼 静岡「天空の茶の間」【動画あり】

更新 sty2105030002
新茶のシーズンを迎えた「天空の茶の間」。山並みの奥には富士山が見える =静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影) 新茶のシーズンを迎えた「天空の茶の間」。山並みの奥には富士山が見える =静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)
テラスは解放感抜群の貸し切り空間。自然の中でくつろぐことができる=静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
テラスは解放感抜群の貸し切り空間。自然の中でくつろぐことができる=静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 収穫間近の茶畑が標高350メートルの山あいに広がる。畑の真ん中にしつらえた木製テラスに座れば、眼下に広がる新緑を独り占めできる。

 静岡市清水区にある「天空の茶の間」(豊好園〈ほうこうえん〉)は急斜面の茶畑にせり出すようなテラスで、季節と天候によっては富士山や雲海も見られる人気の場所だ。

新茶シーズンを迎えた「天空の茶の間」。目の前の畑で採れた茶葉から厳選したお茶を楽しむことができる=静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
新茶シーズンを迎えた「天空の茶の間」。目の前の畑で採れた茶葉から厳選したお茶を楽しむことができる=静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 静岡県内6カ所の茶畑で提供している体験プログラム「茶の間」の一つで、目の前の畑で採れた茶葉から厳選したお茶が楽しめる。2年前に始まり、これまで20、30代を中心に約3500人が利用している。

「天空の茶の間」でお茶を楽しむ人たち=静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
「天空の茶の間」でお茶を楽しむ人たち=静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 茶の間は同県中部の観光振興に取り組む「するが企画観光局」(静岡市)が運営する。企画から関わる鈴木杏佳さん(28)は「自分が静岡のお茶を飲んで育ってきたので、近年の茶葉需要の低下をなんとかしたかった。急須でお茶を飲む習慣がない若い人にも良さを知ってほしい」と話す。

 自然を満喫できる茶の間は「3密」を回避できるレジャーとしても注目される。同県磐田市から訪れた才津パロマさん(24)は「コロナ禍の休日の過ごし方を探していた。誰もいない自然の中で気持ち良く、お茶もおいしい」と話した。

景勝地・日本平山頂付近の「全景の茶の間」。天気が良ければ富士山と駿河湾を見渡せる=静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
景勝地・日本平山頂付近の「全景の茶の間」。天気が良ければ富士山と駿河湾を見渡せる=静岡市清水区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 事前予約制で現在は緊急事態宣言などの対象地域の利用者を制限しているが、1カ月先まで予約が埋まるテラスもあるという。

 名産地・静岡で広まる新たなお茶の魅力。絶景の茶畑で風に吹かれ鳥のさえずりを聞きながら、五感で味わってもらいたい。(写真報道局 宮崎瑞穂)

■360°パノラマでみる「天空の茶の間」

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング