産経フォト

消えたネオン、路上飲みも 休業店不満「意味ない」

ニュース

消えたネオン、路上飲みも 休業店不満「意味ない」

更新 sty2104250013
都の要請を受け、消灯した渋谷スクランブル交差点の大型ビジョン=25日午後8時過ぎ、東京都渋谷区(川口良介撮影) 都の要請を受け、消灯した渋谷スクランブル交差点の大型ビジョン=25日午後8時過ぎ、東京都渋谷区(川口良介撮影)
夜になっても多くの人が行き交う渋谷のスクランブル交差点。大型ビジョンにはまだ、映像が流されている=25日午後8時前、東京都渋谷区(川口良介撮影)
画像を拡大する
夜になっても多くの人が行き交う渋谷のスクランブル交差点。大型ビジョンにはまだ、映像が流されている=25日午後8時前、東京都渋谷区(川口良介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 新型コロナウイルスの感染拡大で、4都府県に出された3回目の緊急事態宣言。初日の25日、首都・東京では商業施設や百貨店で休業措置が取られたが、その他の店への客足はやまなかった。繁華街では、夜になりネオンが消えた後も、路上で飲む人たちの姿が。政府の要請に従い休業を決めた店からは「コンビニなどの小売店も規制をしなければ意味がないのでは」との声も上がった。政府は宣言中、酒類を提供する飲食店に休業を要請した。

 高級ブランド店がひしめき合う銀座。百貨店は閉まっていたが、日中、ほとんどの路面店はオープンしており、買い物客が行き交っていた。

 若者の街・渋谷。JR渋谷駅前は大勢の人々が行き交い、センター街では夕方から路上飲みを始めるグループがいた。都が店頭などの照明を消すよう要請している午後8時になると、スクランブル交差点の大型ビジョンが消灯。周辺の店も徐々に閉まったが、営業を続け満席の居酒屋もあった。

緊急事態宣言が発令された都内。ライトアップされた東京スカイツリー=25日午後、東京都墨田区(納冨康撮影)
画像を拡大する
緊急事態宣言が発令された都内。ライトアップされた東京スカイツリー=25日午後、東京都墨田区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
午後8時過ぎ、ライトアップが終了し消灯した東京スカイツリー=25日、東京都墨田区(納冨康撮影)
画像を拡大する
午後8時過ぎ、ライトアップが終了し消灯した東京スカイツリー=25日、東京都墨田区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング