産経フォト

瀬古さん「開会式を想像」 聖火、鈴鹿サーキットを“疾走”

ニュース

瀬古さん「開会式を想像」 聖火、鈴鹿サーキットを“疾走”

更新 sty2104070006
 三重県四日市市を走る聖火ランナーの瀬古利彦さん=7日午前  三重県四日市市を走る聖火ランナーの瀬古利彦さん=7日午前
 鈴鹿サーキットで行われた聖火リレー。ランナーは小倉隆史さん=7日午前、三重県鈴鹿市
画像を拡大する
 鈴鹿サーキットで行われた聖火リレー。ランナーは小倉隆史さん=7日午前、三重県鈴鹿市フルスクリーンで見る 閉じる

 東京五輪の聖火リレーが7日、7県目の三重で始まった。男子マラソン元日本代表の瀬古利彦さん(64)=同県桑名市出身=ら、かつて世界の舞台で活躍した著名アスリートが力走を見せた。

 第1走者を務めた瀬古さんは「7月23日の東京五輪開会式でともされる聖火を想像して走った」と振り返り、「新型コロナウイルス下で閉塞感が強まっている。聖火でコロナを吹き飛ばしてもらいたい」と力を込めた。

 サッカー元日本代表の小倉隆史さん(47)は鈴鹿サーキット(鈴鹿市)のレーシングコースを走り「気持ち良かった」と満足そうに話した。午

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング