産経フォト

ソグド王の食料庫跡か ワインや蜂蜜、厳重管理 ウズベキスタン

遺跡・建造物

ソグド王の食料庫跡か ワインや蜂蜜、厳重管理 ウズベキスタン

更新 sty2103050009
 シルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」の発掘調査で見つかった食料庫跡=2019年9月、ウズベキスタン(帝塚山大提供)  シルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」の発掘調査で見つかった食料庫跡=2019年9月、ウズベキスタン(帝塚山大提供)
 シルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」の発掘調査で見つかった穀物。アワとみられる(帝塚山大提供)
画像を拡大する
 シルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」の発掘調査で見つかった穀物。アワとみられる(帝塚山大提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 8世紀初頭に焼失したシルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」(ウズベキスタン)で、王の離宮から食料庫跡が見つかり、調査した帝塚山大(奈良市)が5日、発表した。

 シルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」で、王の食事風景を復元した図案(帝塚山大提供)
画像を拡大する
 シルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」で、王の食事風景を復元した図案(帝塚山大提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 ワインや蜂蜜が入っていたとみられる容器や、炭化した麦やアワなどの穀物も出土。イラン系民族、ソグド人の王の食卓を再現する手掛かりになるという。「封泥」と呼ばれる粘土片も出土。食料は粘土で封じてスタンプを押して厳重に管理されていたとみられる。

 シルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」の発掘調査で見つかった食料庫跡=2019年9月、ウズベキスタン(帝塚山大提供)
画像を拡大する
 シルクロード都市遺跡「カフィル・カラ城」の発掘調査で見つかった食料庫跡=2019年9月、ウズベキスタン(帝塚山大提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 カフィル・カラ城は中央アジア、サマルカンド中心部から南東約30キロにある。ゾロアスター教(拝火教)を信仰し、シルクロード交易で活躍したソグド人の都市だった。イスラム系勢力が攻め入り、710年に焼けたとされる。

 帝塚山大や国立民族学博物館などから成る調査団が2019年9月に発掘した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング