産経フォト

緊急事態2週間程度延長へ 首相表明「病床が逼迫」

ニュース

緊急事態2週間程度延長へ 首相表明「病床が逼迫」

更新 sty2103030019
1都3県へ発令中の緊急事態宣言について2週間延長する方針を表明する菅義偉首相=3日午後、首相官邸(春名中撮影) 1都3県へ発令中の緊急事態宣言について2週間延長する方針を表明する菅義偉首相=3日午後、首相官邸(春名中撮影)
 JR新宿駅前を行き交うマスク姿の人たち=3日夕、東京都新宿区
画像を拡大する
 JR新宿駅前を行き交うマスク姿の人たち=3日夕、東京都新宿区フルスクリーンで見る 閉じる

 菅義偉首相は3日、首都圏1都3県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言に関し、7日の期限を2週間程度再延長する意向を表明した。理由について、病床が逼迫していることを挙げ「国民の命と暮らしを守るために必要だ」と説明した。東京都の小池百合子知事らが宣言解除に慎重姿勢を示したことも考慮したとみられる。首相は今後、専門家や関係者の意見を正式に聞いた上で「最終的に私自身が判断する」と官邸で記者団に語った。

 今後の解除基準に関しては「病床使用率が50%以下になって、ベクトルが下に行くことが大事だ」と語った。再延長の責任を問われたが「まだ決定したわけではない。最終決定にはいろんな段階を通らないとできない」と述べるにとどめた。

 方針表明に先立ち首相は、西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相ら関係閣僚と官邸で協議し、4都県について2週間程度の延長が必要だと申し合わせた。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング