産経フォト

【路上感撮】巨大なサボテン!?

自然・風景

【路上感撮】巨大なサボテン!?

更新 sty2102230001
緑のシートで養生された送電鉄塔 =神奈川県海老名市(萩原悠久人撮影) 緑のシートで養生された送電鉄塔 =神奈川県海老名市(萩原悠久人撮影)
緑のシートで養生された送電鉄塔 =神奈川県海老名市(萩原悠久人撮影)
画像を拡大する
緑のシートで養生された送電鉄塔 =神奈川県海老名市(萩原悠久人撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 再開発が進み、大型商業施設や高層マンションが目を引く、神奈川県海老名市の海老名駅前。交通量が多い市道に沿って、高さ50メートルを超える緑色の巨塔がそびえ立っていた

 変電所間をつなぐ送電鉄塔の塗装作業中だという。作業箇所をシートで養生し、塗料の飛散を防いでいる。街中に立つ姿は、まるで巨大なサボテンのよう。

 鉄塔を管理する「東京電力パワーグリッド」によると、鉄塔の塗り直しは10~20年に1度。サビによる劣化などを防ぎ、電気の安定供給を保つためだという。(写真報道局 萩原悠久人)

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング