産経フォト

駅構内の除雪作業公開 JR北海道、経費40億円

鉄道

駅構内の除雪作業公開 JR北海道、経費40億円

更新 sty2102160003
 JR岩見沢駅構内の線路上で作業する除雪車両=16日未明、北海道岩見沢市  JR岩見沢駅構内の線路上で作業する除雪車両=16日未明、北海道岩見沢市
 JR岩見沢駅構内の除雪をする作業員ら=16日未明、北海道岩見沢市
画像を拡大する
 JR岩見沢駅構内の除雪をする作業員ら=16日未明、北海道岩見沢市フルスクリーンで見る 閉じる

 JR北海道は16日未明、岩見沢駅(北海道岩見沢市)での除雪作業を報道陣に公開した。作業は例年12月~翌年3月に行われ、道内各地で1日約1100人が従事。40億~50億円の経費がかかり、慢性的な赤字に直面する同社に大きな負担となっている。

 JR岩見沢駅構内で除雪する作業員=16日未明、北海道岩見沢市
画像を拡大する
 JR岩見沢駅構内で除雪する作業員=16日未明、北海道岩見沢市フルスクリーンで見る 閉じる

 この日の同市の積雪は136センチ。季節外れの雨が降る中、約30人の作業員は電車の往来がなくなり静まりかえった駅や周辺の線路上などでシャベルなどを使い、黙々と作業に当たった。除雪車両も投入され、線路外に勢いよく雪を跳ね飛ばしていた。

 見守った佐藤浩昭駅長は「作業してくれる人がいないと、列車を安全に動かすことはできない。冬の鉄道を支えてくれる大切な存在だ」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング