産経フォト

東北新幹線の那須塩原-盛岡間 15日まで終日運転見合わせ

鉄道

東北新幹線の那須塩原-盛岡間 15日まで終日運転見合わせ

更新 sty2102140002
 新幹線の運転見合わせを示すJR仙台駅の電光掲示板=14日午前7時46分  新幹線の運転見合わせを示すJR仙台駅の電光掲示板=14日午前7時46分
 新幹線や在来線の運転見合わせを知らせる掲示=14日午前7時44分、JR仙台駅
画像を拡大する
 新幹線や在来線の運転見合わせを知らせる掲示=14日午前7時44分、JR仙台駅フルスクリーンで見る 閉じる

 宮城、福島両県で最大震度6強を観測した地震を受けて、JR東日本は、14日と15日に東北新幹線の那須塩原-盛岡間の上下線の運転を終日見合わせると発表した。点検の結果、一部の新幹線設備に被害が確認されたとしている。
 東京-那須塩原間は1時間に1本の臨時ダイヤで運転。盛岡-新函館北斗間は一部列車を運休する。

 東京方面からの折り返し運転となったJR那須塩原駅(栃木県那須塩原市)には、足止めを食った乗客が次々と下車。スーツ姿のビジネスマンが「タクシーで行くしかない」などと携帯電話片手に行きかい、スノーボードを抱えた若者らが待合室で途方に暮れていた。

 一方、駅のホームでは建設作業員らが設備の不具合などを点検して回った。在来線ホームでは、揺れの影響で排水管のつなぎ目が外れるなどしており、作業員らは「駅の係員に連絡しておかないと」と写真を撮り、入念にチェックしていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング