産経フォト

中国で電力不足深刻 豪産石炭制限影響か

ニュース

中国で電力不足深刻 豪産石炭制限影響か

更新 sty2012210017
 明かりが少ない中国浙江省杭州市内=17日(共同)  明かりが少ない中国浙江省杭州市内=17日(共同)
 街灯の明かりが消えた中国浙江省義烏市内=17日(共同)
画像を拡大する
 街灯の明かりが消えた中国浙江省義烏市内=17日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 中国各地で電力不足が深刻化している。国有送電企業は、電力需給が逼迫しているとして「戦時状態」を宣言。街灯の明かりが消えて真っ暗になり、大規模停電で工場生産に影響が出ている。中国がオーストラリア企業から石炭輸入を制限したことにより発電量が減ったとの観測もある。

 国家発展改革委員会の趙辰昕秘書長は21日の記者会見で、経済活動の回復や寒波により電力需要が想定を上回ったとし「石炭の総量は十分なので、安心してほしい」と強調した。

 湖南省当局は今月、今冬の電力の負荷が冬季の最高記録を上回る3093万キロワットに達し「電力供給が緊迫している」と通達。8日から指定の時間に公共施設や観光地の照明を消し、企業の電力利用を制限している。(共同)

 中国メディアによると、浙江省当局も各地で月末まで加工工場の生産を全面的に停止するよう求める通知を出した。江西省などでも制限措置が取られている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング