産経フォト

「米国は戻ってきた」 バイデン氏、同盟重視強調

ニュース

「米国は戻ってきた」 バイデン氏、同盟重視強調

更新 sty2011250005
 24日、米デラウェア州ウィルミントンで、次期政権の高官候補を紹介するバイデン次期大統領(AP)  24日、米デラウェア州ウィルミントンで、次期政権の高官候補を紹介するバイデン次期大統領(AP)
 24日、米デラウェア州ウィルミントンで、次期政権の高官候補を紹介するバイデン次期大統領(左端)(AP)
画像を拡大する
 24日、米デラウェア州ウィルミントンで、次期政権の高官候補を紹介するバイデン次期大統領(左端)(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 バイデン次期米大統領は24日、東部デラウェア州ウィルミントンで演説し「米国は同盟国と協力した時に最強になる」と述べ、同盟関係を軽視した「米国第一」のトランプ外交から決別する姿勢を示した。23日に発表した外交・安全保障を担う6人の高官候補と共に登壇。現政権で揺らいだ米外交を念頭に「米国は戻ってきた」と強調し、国際社会の主導役に復帰する決意を見せた。(共同)

 バイデン氏は「力によってだけでなく、模範となり世界を主導する」と表明。その上で「世界に背を向けるのではなく導く。敵対国に対抗し、同盟国を遠ざけない。われわれの価値観のために立ち上がる」と訴え、法の支配や民主主義、人権といった価値観を重視する方針を示した。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング