産経フォト

インド感染者8百万人超 拡大ペース鈍化も懸念続く

ニュース

インド感染者8百万人超 拡大ペース鈍化も懸念続く

更新 sty2010290010
 新型コロナウイルスが流行するインドの首都ニューデリーの寺院で祈るヒンズー教徒ら=22日(AP)  新型コロナウイルスが流行するインドの首都ニューデリーの寺院で祈るヒンズー教徒ら=22日(AP)
 新型コロナウイルスが流行するインドのデリーで、市場を行き交う人々=19日(ロイター)
画像を拡大する
 新型コロナウイルスが流行するインドのデリーで、市場を行き交う人々=19日(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 インド政府は29日、新型コロナウイルスの感染確認者が計約804万人になったと発表した。800万人を超えるのは米国に次ぎ2カ国目。死者は米国、ブラジルに次ぐ約12万人。インドでは新規感染者数は減少傾向にあるが、多数派ヒンズー教徒の祭事シーズンなどを理由に拡大の懸念が指摘されている。

 インド保健当局によると、1日当たりの新規感染者は9月23~29日の7日間の平均で約8万3千人だったが、10月21~27日には約4万9900人に減少。インドの新規感染者は世界で最も多い状態だったが、世界保健機関(WHO)の集計では10月後半になって米国の方が多くなっている。

 一方、首都ニューデリーや近郊で秋になると進行する大気汚染が今年も悪化。呼吸器への影響から新型コロナ流行に拍車が掛かるとの懸念が出ている。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング