産経フォト

ハンセン病、追悼式で献花 コロナ禍で規模縮小

ニュース

ハンセン病、追悼式で献花 コロナ禍で規模縮小

更新 sty2010290007
 厚労省で開かれた追悼式典で黙とうする、ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長(手前)ら=29日午前  厚労省で開かれた追悼式典で黙とうする、ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長(手前)ら=29日午前
 厚労省で開かれた追悼式典で献花するハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長=29日午前
画像を拡大する
 厚労省で開かれた追悼式典で献花するハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長=29日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 国の不当な隔離政策に苦しめられて亡くなったハンセン病元患者らの追悼と名誉回復のための式典が29日、厚生労働省で開かれた。参列したハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長らが、省内の「追悼の碑」に献花した。

 今年は新型コロナウイルス禍の影響で時期を延期、規模を縮小しての開催。昨年11月、元患者の家族に最大180万円を支給する補償法が施行されてから初めての追悼式となった。

 追悼式典であいさつするハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長(左端)=29日午前、厚労省
画像を拡大する
 追悼式典であいさつするハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長(左端)=29日午前、厚労省フルスクリーンで見る 閉じる

 全国に13カ所ある国立療養所の入所者は今年5月1日時点で1090人(昨年比121人減)、平均年齢は86.3歳(昨年比0.4歳増)。

 政府主催の式典は2001年、ハンセン病国家賠償請求訴訟で隔離政策が違憲と判断されたのを契機に始まった。例年は元患者への補償法が施行された6月22日の前後に開かれていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング