産経フォト

五輪ボラの共通研修再開 コロナ中断、オンラインで

ニュース

五輪ボラの共通研修再開 コロナ中断、オンラインで

更新 sty2010280020
 東京五輪・パラリンピック組織委がオンラインで実施した大会ボランティアの共通研修で、配信会場で参加者にあいさつする講師たち=28日午後、東京都中央区(代表撮影)  東京五輪・パラリンピック組織委がオンラインで実施した大会ボランティアの共通研修で、配信会場で参加者にあいさつする講師たち=28日午後、東京都中央区(代表撮影)
 東京五輪・パラリンピック組織委がオンラインで実施した大会ボランティアの共通研修で、参加者たちが投稿した「来年の夏に向けた自分へのメッセージ」=28日午後、東京都中央区(代表撮影)
画像を拡大する
 東京五輪・パラリンピック組織委がオンラインで実施した大会ボランティアの共通研修で、参加者たちが投稿した「来年の夏に向けた自分へのメッセージ」=28日午後、東京都中央区(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、新型コロナウイルスの影響で中断していた大会ボランティアの共通研修をオンラインで実施し、報道陣に公開した。数百人規模で集まる対面から形式を変えて21日に再開。12月まで行われる予定。

 東京五輪・パラリンピック組織委が実施した大会ボランティアの共通研修にオンラインで参加する人たちを映す画面=28日午後、東京都中央区(代表撮影)
画像を拡大する
 東京五輪・パラリンピック組織委が実施した大会ボランティアの共通研修にオンラインで参加する人たちを映す画面=28日午後、東京都中央区(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 活動上のルールなどを学ぶ共通研修は、昨年10月にスタート。新型コロナの影響で2月下旬の分が延期となった。その参加予定者と海外在住者ら計約5千人が対象となる。

 大会ボランティアは、競技会場や選手村で活動する。20万人超の応募者から組織委が約8万人を選んだ。来年3~5月、具体的な活動時間のシフトを通知、4月以降に役割別・リーダーシップ研修、5月以降にユニホームなどを受け取り、6月以降に会場ごとの研修を予定している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング