産経フォト

5Gで監視、巡視ロボット 中電とKDDI、変電所に

ニュース

5Gで監視、巡視ロボット 中電とKDDI、変電所に

更新 sty2010280015
 5G移動通信システムを活用して遠隔で変電所を監視し、リアルタイムで映像を送れる無人巡視ロボット=28日午後、名古屋市  5G移動通信システムを活用して遠隔で変電所を監視し、リアルタイムで映像を送れる無人巡視ロボット=28日午後、名古屋市

 中部電力とKDDIは28日、第5世代(5G)移動通信システムを活用して遠隔で変電所を監視し、無人巡視ロボットを操作する検証実験を報道陣に公開した。災害時に現場の情報を迅速に収集でき、効率的な設備復旧につなげるのが狙い。

 5G移動通信システムを活用して遠隔で変電所を監視し、リアルタイムで映像を送れる無人巡視ロボット=28日午後、名古屋市
画像を拡大する
 5G移動通信システムを活用して遠隔で変電所を監視し、リアルタイムで映像を送れる無人巡視ロボット=28日午後、名古屋市フルスクリーンで見る 閉じる

 実験は地震や台風などで変電所に異変が生じた場合を想定した。高精細な映像を遅延なく大容量送信できる5Gの利点を生かし、巡視ロボットからのリアルタイム映像を確認。現場に向かう人数を適正にしたり、必要な物資や資材を前もって把握したりできるという。

 報道陣に公開したロボットは全長約90センチ、幅約50センチ、高さ約80センチ。幅の太いタイヤが合計六つ付いており、変電所の砂利道や足場の悪い現場なども走行可能だ。上部にはカメラが付いたアームを備えており、人の目線と同じ高さでメーターなどの映像を撮影できる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング