産経フォト

ソフトバンクが3年ぶりリーグ制覇 コロナ禍、異例の戦い制す

スポーツ

ソフトバンクが3年ぶりリーグ制覇 コロナ禍、異例の戦い制す

更新 sty2010270019
優勝を決め、喜ぶソフトバンクナイン =ペイペイドーム(撮影・甘利慈) 優勝を決め、喜ぶソフトバンクナイン =ペイペイドーム(撮影・甘利慈)
リーグ優勝を決め、ベンチを飛び出すソフトバンクナイン =ペイペイドーム(撮影・甘利慈)
画像を拡大する
リーグ優勝を決め、ベンチを飛び出すソフトバンクナイン =ペイペイドーム(撮影・甘利慈)フルスクリーンで見る 閉じる

 プロ野球ソフトバンクが27日、3年ぶりのパ・リーグ制覇を果たした。福岡市のペイペイドームで行われた2位ロッテとの直接対決に5-1で快勝。南海時代の10度、ダイエー時代の3度と合わせ19度目、1リーグ時代を含めると21度目の優勝となった。

 工藤公康監督(57)は就任6年目で3度目の優勝。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が約3カ月遅れ、120試合に短縮された異例のシーズン。過去2年は西武にリーグ連覇を許したが、今季は10日のロッテ戦から投打がかみ合って15年ぶりの12連勝を飾るなど、終盤の強さが際立った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング