産経フォト

40年超高浜原発の工事視察 地元町長「安全性に厚み」

ニュース

40年超高浜原発の工事視察 地元町長「安全性に厚み」

更新 sty2010270013
 関西電力高浜原発1、2号機の中央制御室を視察する福井県高浜町の野瀬豊町長(右)=27日午後、高浜町(代表撮影)  関西電力高浜原発1、2号機の中央制御室を視察する福井県高浜町の野瀬豊町長(右)=27日午後、高浜町(代表撮影)
 関西電力高浜原発で担当者から説明を受ける福井県高浜町の野瀬豊町長(右)。奥は1号機(右)と2号機=27日午後、高浜町
画像を拡大する
 関西電力高浜原発で担当者から説明を受ける福井県高浜町の野瀬豊町長(右)。奥は1号機(右)と2号機=27日午後、高浜町フルスクリーンで見る 閉じる

 福井県高浜町の野瀬豊町長は27日、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(同町)を視察し、再稼働に必要な安全対策工事の進捗状況を確認した。再稼働の同意判断に向け参考とする方針で、視察後の取材に「有事に冷静な対応ができる機能が用意され、安全性に厚みが増したという印象だ」と述べた。

 関西電力高浜原発の1号機(右)と2号機=27日午後、福井県高浜町
画像を拡大する
 関西電力高浜原発の1号機(右)と2号機=27日午後、福井県高浜町フルスクリーンで見る 閉じる

 視察では、事故時に放射性物質の拡散を防ぐため原子炉格納容器の上に新設された遮蔽壁や、タッチパネル式に変更された中央制御盤などを確認。安全対策工事は1号機で先月18日に終わり、2号機は来春の完了が見込まれている。

 関西電力高浜原発を視察後、取材に応じる福井県高浜町の野瀬豊町長=27日午後、高浜町
画像を拡大する
 関西電力高浜原発を視察後、取材に応じる福井県高浜町の野瀬豊町長=27日午後、高浜町フルスクリーンで見る 閉じる

 野瀬氏は「新しい機能が一段前に進んだと感じた」と評価。一方で原発の安全性の判断は「規制委の基準を尊重する」とした。自身の同意判断の時期は「めどは立っていないが、いたずらに延ばさない」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング