産経フォト

ANA社員400人出向、4000億円劣後ローン借り入れ 構造改革案発表

ニュース

ANA社員400人出向、4000億円劣後ローン借り入れ 構造改革案発表

更新 sty2010270011
出発ロビーで閉まったままのANAカウンター=27日、羽田空港(桐山弘太撮影) 出発ロビーで閉まったままのANAカウンター=27日、羽田空港(桐山弘太撮影)
出発ロビーの掲示板にはANA便の欠航が目立った=27日、羽田空港(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
出発ロビーの掲示板にはANA便の欠航が目立った=27日、羽田空港(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ANAホールディングス(HD)は27日、令和3年3月期の連結最終損益が過去最悪の5100億円の赤字(前期は276億円の黒字)になるとの見通しを発表した。事業構造改革に絡み、来春に400人以上の社員をグループ外の企業に出向させる方針も明らかにした。コールセンターやホテルでの受付や企画業務を想定している。

出発ロビーにあるANAの手荷物カウンター =27日、羽田空港(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
出発ロビーにあるANAの手荷物カウンター =27日、羽田空港(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 同社は航空事業での新規ブランド立ち上げや顧客データを活用した航空事業以外での収益強化、大型機削減によるコスト削減などを盛り込んだ事業構造改革案を発表。総額4000億円を劣後ローンで借り入れる契約を結んだことも明らかにした。

空港で待機するANAの機体 =27日、羽田空港(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
空港で待機するANAの機体 =27日、羽田空港(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 片野坂真哉社長は令和2年9月中間連結決算について「大変厳しい結果となった」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング