産経フォト

巻き添えの女子大生死亡 転落の男子高生直撃で

ニュース

巻き添えの女子大生死亡 転落の男子高生直撃で

更新 sty2010240017
二人が意識不明で発見された大阪・梅田の「HEP FIVE」前。発生翌日の同時刻頃には、多くの若者らが行き交っていた=24日午後5時55分、大阪市北区(永田直也撮影) 二人が意識不明で発見された大阪・梅田の「HEP FIVE」前。発生翌日の同時刻頃には、多くの若者らが行き交っていた=24日午後5時55分、大阪市北区(永田直也撮影)

 大阪・梅田の商業施設「HEP FIVE(ヘップファイブ)」屋上から飛び降りたとみられる男子高校生(17)に直撃され、意識不明の重体だった大学2年の古川賀子さん(19)=兵庫県加古川市=が24日、死亡した。曽根崎署が明らかにした。同署が死因を調べる。

二人が意識不明で発見された大阪・梅田の「HEP FIVE」前 =23日午後7時48分、大阪市北区(永田直也撮影)
画像を拡大する
二人が意識不明で発見された大阪・梅田の「HEP FIVE」前 =23日午後7時48分、大阪市北区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 古川さんは23日午後5時50分ごろ、ヘップファイブ前を知人と歩いていたところ、大阪府立高校に通う府内在住の男子高校生が屋上から転落してきて巻き添えになった。意識不明の状態で病院に搬送され、治療を受けていた。
 署によると、古川さんは当時、知人女性と梅田に買い物に来ていた。付近の防犯カメラには、ヘップファイブ前を歩いていた古川さんの背中付近に男子高校生が当たり、古川さんが前方にはね飛ばされたような様子が写っていた。

 男子高校生が転落前、最上階の扉の内鍵にあったプラスチック製カバーを壊して解錠し、屋上に出たとみられることも分かった。カバーが壊されるとブザーが鳴り、警備員に知らせる仕組みになっていた。23日夕も作動し、警備員が屋上に駆け付けたが、既に誰もおらず、男子高校生のかばんだけが残されていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング