産経フォト

名物カニ看板の脚「復活」 大阪・道頓堀、修理終える

ニュース

名物カニ看板の脚「復活」 大阪・道頓堀、修理終える

更新 sty2010240007
脚が再び取り付けられたかに道楽の看板=24日午前、大阪市中央区(彦野公太朗撮影) 脚が再び取り付けられたかに道楽の看板=24日午前、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)
 脚が取り付けられる「かに道楽道頓堀本店」の動くカニの看板=24日午前2時28分、大阪・道頓堀
画像を拡大する
 脚が取り付けられる「かに道楽道頓堀本店」の動くカニの看板=24日午前2時28分、大阪・道頓堀フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪市中央区の飲食店「かに道楽道頓堀本店」の名物、動くカニの看板の脚2本が24日未明、修理を終えて再び取り付けられた。20日に外されて以来、痛々しい姿を見せていたが「復活」を遂げ、通行人らが記念撮影に臨んでいた。
 作業は午前1時開始。作業員が、付け根の部品を交換するなどした大きな脚をクレーンでつり上げ、角度や位置を確認して丁寧に取り付けた。約4時間後、胴体部分に「おかげさまで元気になりました」と書かれた幕が掲げられた。

 脚が取り付けられる「かに道楽道頓堀本店」の動くカニの看板=24日午前2時37分、大阪・道頓堀
画像を拡大する
 脚が取り付けられる「かに道楽道頓堀本店」の動くカニの看板=24日午前2時37分、大阪・道頓堀フルスクリーンで見る 閉じる

 緊張した表情で見守っていた小林泰三店長(45)は脚の動きを確認すると表情を緩め「動いてこその看板。道頓堀から皆さんに元気を届けたい」と語った。
 動く看板は本店がこの場所で開店した1962年に設置。現在の看板は96年に付け替えた3代目で、8月下旬から動きがぎこちなくなり、異常音も出るようになっていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング