産経フォト

巨人、岩隈が引退会見 「挑戦させてもらった」

スポーツ

巨人、岩隈が引退会見 「挑戦させてもらった」

更新 sty2010230013
引退会見に臨む巨人・岩隈久志投手 =23日、東京ドーム(撮影・中井誠) 引退会見に臨む巨人・岩隈久志投手 =23日、東京ドーム(撮影・中井誠)

 今季限りで現役を引退するプロ野球巨人の岩隈久志投手(39)が23日、東京ドームで記者会見し「最後の最後まで挑戦させていただいたことに感謝している。悔いなくやらせてもらった。すごくすっきりしている」と実感を込めた。駆けつけた原辰徳監督から花束を贈られた。

引退会見で巨人・原辰徳監督とグータッチする岩隈久志投手 =23日、東京ドーム(撮影・中井誠)
画像を拡大する
引退会見で巨人・原辰徳監督とグータッチする岩隈久志投手 =23日、東京ドーム(撮影・中井誠)フルスクリーンで見る 閉じる

 決断理由については「やりきる中で肩の脱臼をしてしまい、体力の限界を感じた。これ以上迷惑を掛けられない部分もあった」と語った。原監督によると、10月に状態を確認するためにシート打撃を実施。監督が見守る中、全力で投げた1球目が打者に当たり、岩隈は肩の痛みでひざまずいたという。

 その後、引退の意向を伝えたという岩隈は「そこが期限と思い勝負しようと上がったマウンド。できる限り集中して全力で投げた。その一球で引退を考えたし、めちゃくちゃ痛かった」と振り返った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング