産経フォト

三社祭が最終日 神輿に短冊「疫病鎮静祈願」、車で巡行

イベント・祭典

三社祭が最終日 神輿に短冊「疫病鎮静祈願」、車で巡行

更新 sty2010180010
 浅草神社を出る宮神輿の「一之宮」=18日、東京都台東区(松本健吾撮影) 浅草神社を出る宮神輿の「一之宮」=18日、東京都台東区(松本健吾撮影)
トラックに載せられた宮神輿「一之宮」。コロナなど疫病鎮静を祈願する短冊もつけられた=18日、東京・浅草(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
トラックに載せられた宮神輿「一之宮」。コロナなど疫病鎮静を祈願する短冊もつけられた=18日、東京・浅草(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 毎年5月に行われ、東京の初夏の風物詩とされる浅草神社(東京都台東区)の三社祭が18日、最終日を迎え、神社の神輿が町会を巡行する「宮出し」が行われた。今年は新型コロナ感染拡大の影響で5カ月遅れの開催となった。
 密を避けるために神輿は担がず、御用車(トラック)で運ぶ異例の移動方法。例年は3基で繰り出すが、今年は「一之宮」1基のみとした。神輿には「疫病鎮静祈願」と書かれた短冊が付けられた。

 保管庫から出される宮神輿の「一之宮」=18日午前、東京都台東区(松本健吾撮影)
画像を拡大する
保管庫から出される宮神輿の「一之宮」=18日午前、東京都台東区(松本健吾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 正午ごろに境内を出た後、近くの広場でトラックの荷台へ載せられた神輿は、太鼓やおはやしに先導され、神社周辺を回った。
 三社祭は例年、3日間行われるが、今年は規模を縮小。44町会のみこし約100基が繰り出す「連合渡御」や、芸妓衆らによる華やかな大行列は中止となった。17日の初日は神事が執り行われた。

トラックに載せられ、雷門前を通過する宮神輿「一之宮」=18日、東京・浅草(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
トラックに載せられ、雷門前を通過する宮神輿「一之宮」=18日、東京・浅草(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
トラックの御用車に載せられ、巡行する浅草神社の宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(納冨康撮影)
画像を拡大する
トラックの御用車に載せられ、巡行する浅草神社の宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
トラックの御用車に載せられ、巡行する浅草神社の宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(納冨康撮影)
画像を拡大する
トラックの御用車に載せられ、巡行する浅草神社の宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
トラックの御用車に載せられ、巡行する浅草神社の宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(納冨康撮影)
画像を拡大する
トラックの御用車に載せられ、巡行する浅草神社の宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
トラックの御用車に載せられ、巡行する宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(納冨康撮影)
画像を拡大する
トラックの御用車に載せられ、巡行する宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
トラックの御用車に載せられ、巡行する宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(松井英幸撮影)
画像を拡大する
トラックの御用車に載せられ、巡行する宮神輿「一之宮」=18日午後、東京都台東区(松井英幸撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング