産経フォト

「GoTo安全」呼び掛け 大阪、運転手らに

ニュース

「GoTo安全」呼び掛け 大阪、運転手らに

更新 sty2009210021
 「GO TO セーフティー」の標語を掲げ、交通安全を呼び掛ける大阪府警高石署員ら=21日  「GO TO セーフティー」の標語を掲げ、交通安全を呼び掛ける大阪府警高石署員ら=21日
 「GO TO セーフティー」の標語を掲げ、交通安全を呼び掛ける大阪府警高石署員ら=21日
画像を拡大する
 「GO TO セーフティー」の標語を掲げ、交通安全を呼び掛ける大阪府警高石署員ら=21日フルスクリーンで見る 閉じる

 秋の全国交通安全運動初日の21日、大阪府警高石署は同府高石市内で、政府の観光支援事業「Go To トラベル」に掛けて署員が大きな紙に書いた「GO TO セーフティー」の標語を掲げ、運転手らに安全を呼び掛けた。
 署員らは署の前の幹線道路で車を止め、標語を見せながら「いつも以上に気をつけて」と声をかけてチラシを配った。

 高石署によると、大阪府内の1~8月のけがを伴う交通事故は約1万6千件。前年同期比で4千件弱減少したが、新型コロナウイルス感染拡大のため交通量が減ったことが原因とみられる。

 署の加納利浩交通課長は「交通意識が高まって事故が少なくなったわけではない。運動の機運を高めたい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング