産経フォト

アップル、新腕時計型端末 健康機能強化、廉価版も

ニュース

アップル、新腕時計型端末 健康機能強化、廉価版も

更新 sty2009160003
 米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品「シリーズ6」(同社提供・共同)  米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品「シリーズ6」(同社提供・共同)
 米アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)エア」の新製品(同社提供・共同)
画像を拡大する
 米アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)エア」の新製品(同社提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 米アップルは15日、腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品「シリーズ6」を発表した。健康管理機能を強化し、血中酸素濃度を確認できるのが特徴。機能を絞った廉価版「SE」も発表し、端末の本格普及を図る。18日に発売する。

 シリーズ6は4万2800円(税別)からで、血中酸素濃度は、背面のセンサーとアプリで測定する。医療を目的としたものではないが「健康状態を把握する目安となる」と説明している。SEは2万9800円から。

 タブレット端末「iPad(アイパッド)エア」の新型は基本画面に戻るホームボタンをなくし、端末上部の電源ボタンに指紋認証機能を内蔵。画面サイズは10.9インチと従来機種より大きくなった。演算処理速度が向上し、6万2800円から。発売は10月。(ニューヨーク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング