産経フォト

横浜税関差し止め4万点超 上半期最多、偽ブランド等

ニュース

横浜税関差し止め4万点超 上半期最多、偽ブランド等

更新 sty2009110024
 横浜税関が輸入を差し止めた東京五輪メダルの模造品など=11日午後、横浜市  横浜税関が輸入を差し止めた東京五輪メダルの模造品など=11日午後、横浜市
 横浜税関が輸入を差し止めたバッグや時計などの偽ブランド品=11日午後、横浜市
画像を拡大する
 横浜税関が輸入を差し止めたバッグや時計などの偽ブランド品=11日午後、横浜市フルスクリーンで見る 閉じる

 横浜税関は11日、知的財産侵害に当たるとして、2020年1~6月(上半期)に偽ブランド品など5984件、4万3477点の輸入を差し止めたと発表した。同期間では過去最多件数で、東京五輪メダルの模造品もあった。
 税関によると、年々増加している国際郵便を使ったインターネットによる個人取引が増加の要因とし、担当者は「注意深く利用してほしい」と呼び掛けた。
 件数は中国からの輸入が全体の約90%を占め、時計類が前年同期比約14倍の3530点と急増した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング