産経フォト

岐阜、非常事態宣言を解除 新型コロナ差別反対も訴え

ニュース

岐阜、非常事態宣言を解除 新型コロナ差別反対も訴え

更新 sty2009010026
 岐阜県独自の非常事態宣言を解除後、記者会見で警戒継続を呼び掛ける古田肇知事=1日午後、岐阜県庁  岐阜県独自の非常事態宣言を解除後、記者会見で警戒継続を呼び掛ける古田肇知事=1日午後、岐阜県庁
 新型コロナウイルス感染症の対策本部員会議で発言する岐阜県の古田肇知事(中央)=1日午後、岐阜県庁
画像を拡大する
 新型コロナウイルス感染症の対策本部員会議で発言する岐阜県の古田肇知事(中央)=1日午後、岐阜県庁フルスクリーンで見る 閉じる

 岐阜県の古田肇知事は1日、新型コロナウイルス感染症の対策本部員会議を開き、感染の波は落ち着いたとして、7月31日に発表した県独自の非常事態宣言を解除した。同時に、感染者や医療従事者、他地域からの訪問者らへの差別をなくそうと、市町村長との連名で「ストップ『コロナ・ハラスメント』宣言」を発表した。

 非常事態宣言の解除を巡り、知事は会議後の会見で「警戒を緩めると、たちまち3度目の感染拡大につながる」と強調。「警戒継続」が宣言解除の条件だと説明し「感染リスクが高いところには行かないでほしい」と注意喚起した。

 感染が広がっている隣県の名古屋市内での飲食、閉め切った場所でのパーティーやカラオケなどはしないよう求め、毎日、体調をチェックし、体調が悪い時は通学や通勤を控えるよう呼び掛けた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング