産経フォト

美しさ追求「男性用ブラ」 多様性、受け入れの一助に

ファッション

美しさ追求「男性用ブラ」 多様性、受け入れの一助に

更新 sty2008220002
 御園ひろ子さんと男性用の専門ブランド「MENEDEUX(メネドゥ)」のランジェリー  御園ひろ子さんと男性用の専門ブランド「MENEDEUX(メネドゥ)」のランジェリー

 性差にこだわらない美しいランジェリーを提供したい-。岡山市中区の下着デザイナー御園ひろ子さん(43)が、男性用のブラジャーやショーツを製作、販売している。開発した下着に「多様な好みをとがめるのではなく、受け入れる世の中に近づく手助けになってほしい」と期待を込める。

 御園ひろ子さんと男性用の専門ブランド「MENEDEUX(メネドゥ)」のランジェリー
画像を拡大する
 御園ひろ子さんと男性用の専門ブランド「MENEDEUX(メネドゥ)」のランジェリーフルスクリーンで見る 閉じる

 御園さんは、もともとは女性用下着のデザイナー。性的少数者を扱ったテレビ番組やLGBTの友人の話を見聞きし、戸籍上は男性でも女性だと自認するトランスジェンダーでも着られる商品作りに興味を持った。

 需要を探るため、県内外の女装家らが集まるバーなどに通い「下着が体に合わず、海外から取り寄せている」といった声を聞いた。約1年の試行錯誤の末、2017年に男性用の専門ブランド「MENEDEUX(メネドゥ)」を立ち上げた。「性別を意識しすぎず、純粋な美しさやかわいさを大切にする」が信条だ。

 価格はブラジャーとショーツで計1万5千円ほど。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング