産経フォト

東京スカイツリーに新制服 10月から、学生がデザイン

ニュース

東京スカイツリーに新制服 10月から、学生がデザイン

更新 sty2008110009
 新制服を着たスタッフ。左から3人目がインフォメーションスタッフの制服=東京都内  新制服を着たスタッフ。左から3人目がインフォメーションスタッフの制服=東京都内
 東京スカイツリーの新制服をデザインした東山恵さん=東京都内
画像を拡大する
 東京スカイツリーの新制服をデザインした東山恵さん=東京都内フルスクリーンで見る 閉じる

 東京スカイツリー(東京都墨田区)で働くスタッフの制服が10月に一新される。2012年の開業以降、初めてのリニューアルで、ファッションを学ぶ学生が日本の伝統的な色や柄を採り入れたり、着物に着想を得たりしてデザインした。
 プロのデザイナーではなく、学生に委ねた理由について、運営する東武タワースカイツリーの岩瀬豊社長は「たくさんの可能性を秘めた若い方にお願いしようと検討し、実現した」と語る。
 文化服装学院(渋谷区)の協力を得て、昨年、同学院の学生を対象にコンペを開いた。条件は「日本・東京のランドマークとしてふさわしいもの」「日本の伝統と先進性」など五つ。12組18人の応募者の中から、当時4年で現在は繊維専門商社に勤務する東山恵さん(22)の作品が選ばれた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング