産経フォト

ベラルーシ初の原発稼働へ 1号機に核燃料注入開始

ニュース

ベラルーシ初の原発稼働へ 1号機に核燃料注入開始

更新 sty2008070015
 7日、ベラルーシ北西部オストロベツで、原子炉への核燃料注入が始まった「ベラルーシ原発」(タス=共同)  7日、ベラルーシ北西部オストロベツで、原子炉への核燃料注入が始まった「ベラルーシ原発」(タス=共同)

 ベラルーシ北西部オストロベツに建設された同国初の原子力発電所「ベラルーシ原発」で7日、稼働に向けた原子炉1号機への核燃料の注入が始まった。エネルギー省が明らかにした。

 ベラルーシ北西部オストロベツで建設中の2基の原発=2016年4月(共同)
画像を拡大する
 ベラルーシ北西部オストロベツで建設中の2基の原発=2016年4月(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 1号機は2021年1~3月中、2号機は22年中の営業運転開始を目指す。ソ連時代の1986年にウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故で大きな被害を受けたベラルーシは、34年を経て自ら原発保有国となる。

 原発を建設したのはロシア国営原子力企業ロスアトム傘下の企業。2012年に契約し、13年に1号機、14年に2号機の建設を始めた。いずれもロシア製の加圧水型軽水炉で、合計出力は最大240万キロワット。建設資金はロシアが融資した。(モスクワ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング