産経フォト

上皇さま「平和へのお気持ち」つなぐ場所 栃木・旧南間ホテル「ましこ悠和館」

遺跡・建造物

上皇さま「平和へのお気持ち」つなぐ場所 栃木・旧南間ホテル「ましこ悠和館」

更新 sty2007190001
上皇さまが玉音放送を聞かれた御座所。柱や欄間などの建具が当時の趣を残している =栃木県益子町 (鴨川一也撮影) 上皇さまが玉音放送を聞かれた御座所。柱や欄間などの建具が当時の趣を残している =栃木県益子町 (鴨川一也撮影)
5つの客室がある「ましこ悠和館」。御座所は2階左端に見える =栃木県益子町(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
5つの客室がある「ましこ悠和館」。御座所は2階左端に見える =栃木県益子町(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 簡素といっても良いかもしれない。部屋は静かなたたずまいを見せていた。

 上皇さまが皇太子時代に終戦の玉音放送を聞かれた「御座所」が栃木県益子町に残る。日光市湯元にあった「旧南間ホテル別館」を移築、今年2月に新しい宿泊施設に改修された。

 昭和20年7月、上皇さまは戦局の悪化に伴い、日光田母沢御用邸(日光市)から奥日光湯元温泉の南間ホテルに疎開された。

上皇さまが戦時中に疎開された旧南間ホテル別館。現在は栃木県日光市から益子町に移築され、宿泊施設として活用されている =栃木県益子町(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
上皇さまが戦時中に疎開された旧南間ホテル別館。現在は栃木県日光市から益子町に移築され、宿泊施設として活用されている =栃木県益子町(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 「小さな温泉街の雰囲気が一変した」

 旧南間ホテル隣の旅館「湯の家」の後藤昌弘さん(86)は振り返る。兵士の詰め所になった旅館もあり、後藤さんの祖父が経営していた旅館も兵士らの食事作りなどに追われた。

上皇さまが玉音放送を聞かれた旧南間ホテル別館の御座所。柱や欄間などの建具が当時の趣を残している =栃木県益子町(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
上皇さまが玉音放送を聞かれた旧南間ホテル別館の御座所。柱や欄間などの建具が当時の趣を残している =栃木県益子町(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 後藤さんは、上皇さまが学習院初等科の制服姿で同級生と湯ノ湖の湖畔を通われていたのを思い出す。地元の人たちは緊張しながら見守っていたという。

 南間ホテル別館は昭和48年に益子町の窯元が譲り受けて移築。平成28年、町に寄贈された。

上皇さまが玉音放送を聞かれた旧南間ホテル別館の御座所。柱や欄間などの建具が当時の趣を残している =栃木県益子町(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
上皇さまが玉音放送を聞かれた旧南間ホテル別館の御座所。柱や欄間などの建具が当時の趣を残している =栃木県益子町(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 同町の担当者は「上皇さまの平和へのお気持ちを次世代へつないでいく場所にしていきたい」と語る。

 以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス-。玉音放送には、未来のため平和の実現を図ろうという一節があった。公募で決まった施設名は「ましこ悠和館」。悠久の平和を願う思いが込められている。(写真報道局 鴨川一也)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング