産経フォト

江戸時代のマスク

イベント・祭典

江戸時代のマスク

更新 sty2007140002
 石見銀山資料館が再現した江戸時代後期のマスク「福面」  石見銀山資料館が再現した江戸時代後期のマスク「福面」
 島根県大田市の旧家で発見された江戸時代後期のマスク「福面」の図
画像を拡大する
 島根県大田市の旧家で発見された江戸時代後期のマスク「福面」の図フルスクリーンで見る 閉じる

 石見銀山資料館(島根県大田市)が、市内の旧家で発見された図を基に、日本最古とされる江戸時代後期のマスク「福面」を再現し、展示している。採掘作業時に鉱員が粉じんを吸い込まないようにする目的で使われたものだという。
 鉄の枠に絹を縫い付けて表面に柿の渋を塗った。耳に掛けるひもも付ける。31日まで。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング