産経フォト

テレワーク疲れに…ソーシャルディスタンス徹底のカフェ 東京・池袋

ニュース

テレワーク疲れに…ソーシャルディスタンス徹底のカフェ 東京・池袋

更新 sty2005230006
今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。テーブルの間隔を2メートル以上あけるなど、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の対策がとられている =東京都豊島区(宮崎瑞穂撮影) 今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。テーブルの間隔を2メートル以上あけるなど、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の対策がとられている =東京都豊島区(宮崎瑞穂撮影)
今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。入店時にアルコール除菌が義務付けられている =東京都豊島区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。入店時にアルコール除菌が義務付けられている =東京都豊島区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 東京・池袋にソーシャルディスタンス(社会的距離)の対策がとられているカフェが話題を呼んでいる。

 今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。入店者同士の間隔を2メートル以上あけるために、20席のみに絞った。また、複数名での入店不可、店内でのマスク着用必須、入店時のアルコール除菌を義務付けるなど、新型コロナウイルス感染症対策を徹底している。

今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。テーブルの間隔を2メートル以上あけるなど、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の対策がとられている =東京都豊島区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。テーブルの間隔を2メートル以上あけるなど、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の対策がとられている =東京都豊島区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 もとは男性アイドルのライブ活動やサブカルチャーのイベントをおこなうカフェだったが、3月末に休業。今月上旬にソーシャルディスタンスの対策をとったカフェを発案し、約1週間後に開業に至った。夏頃まで現在の形態で続ける予定だという。

今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。ビデオ通話会議専用の個室もある =東京都豊島区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
今月13日に開業した「ソーシャルディスタンシングカフェ東京」。ビデオ通話会議専用の個室もある =東京都豊島区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 運営会社の堀川修社長(49)は「先の見えない状況だが、もともと持っているカフェの機能を生かしてオープンした。家でのテレワーク疲れの人に使ってほしい。早く元のにぎやかなカフェに戻すことができれば」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング