産経フォト

フランスパンで距離意識 宮崎、感染収束願い

ニュース

フランスパンで距離意識 宮崎、感染収束願い

更新 sty2005130001
 フランスパンを製造販売するリビエールの押川裕一郎さん=9日、宮崎市  フランスパンを製造販売するリビエールの押川裕一郎さん=9日、宮崎市

 宮崎市にあるパン店「リビエール」が、長さ1メートル以上あるフランスパンの販売を始めた。新型コロナウイルスの感染対策「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」を意識してもらおうと、2本セットで売り出す。店員の押川裕一郎さん(41)は収束を願いながら、店の工房で1日10本ほどを手作りする。

 新型コロナ対策のフランスパンを製造販売するリビエールの押川裕一郎さん=9日、宮崎市
画像を拡大する
 新型コロナ対策のフランスパンを製造販売するリビエールの押川裕一郎さん=9日、宮崎市フルスクリーンで見る 閉じる

 ソーシャル・ディスタンスは、くしゃみやせきの飛沫によるウイルス感染を抑えるため、人と人との距離を保つ対策。厚生労働省は2メートル程度の距離を保持することが望ましいとしている。

 パンは5日から製造販売し、インターネット通販サイト「やお九州」でも購入できる。価格は2本セットで3500円(送料無料)。店頭では1本千円からでも購入できる。押川さんは「自粛が続く生活に明るい話題を届けたい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング