産経フォト

ロボ導入の療養施設視察 無・軽症者対応、小池知事

ニュース

ロボ導入の療養施設視察 無・軽症者対応、小池知事

更新 sty2005010007
 新型コロナウイルス感染者の受け入れ先となったホテルで、マスクをした人型ロボット「ペッパー」に話しかける東京都の小池百合子知事=1日午前、東京都墨田区  新型コロナウイルス感染者の受け入れ先となったホテルで、マスクをした人型ロボット「ペッパー」に話しかける東京都の小池百合子知事=1日午前、東京都墨田区
 新型コロナウイルス感染者の受け入れ先となったホテルで、説明を受ける東京都の小池百合子知事=1日午前、東京都墨田区
画像を拡大する
 新型コロナウイルス感染者の受け入れ先となったホテルで、説明を受ける東京都の小池百合子知事=1日午前、東京都墨田区フルスクリーンで見る 閉じる

 東京都の小池百合子知事は1日、新たに無症状や軽症の新型コロナウイルス感染者の受け入れ先となった墨田区のホテルを視察した。施設内では医療スタッフや入居者の負担軽減のため、ロボットによる清掃やアプリでの健康管理の試験的な導入が決まった。

 エントランスには、人型ロボット「ペッパー」を設置。小池氏を出迎え、「心を一つにして乗り切ろう」と呼び掛けた。都の担当者は、他の宿泊療養施設では看護師や都職員が担当する電話での健康確認も、入居者が自身のスマートフォンなどからアプリを通じて送信できる仕組みを取り入れたことなどを説明した。

 小池氏は報道陣に「防護服を着る必要がある作業をロボットに任せるなど、工夫しながら進めていきたい」と語った。

 感染者が多数出ている都は軽症者らを病院からホテルに移す取り組みを4月7日に開始。病床不足に対応するため、新たな受け入れ先の確保を積極的に進めている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング