産経フォト

市民会館9年ぶり再建 震災で多くが犠牲に、岩手・陸前高田

東日本大震災

市民会館9年ぶり再建 震災で多くが犠牲に、岩手・陸前高田

更新 sty2004110010
 岩手県陸前高田市に完成した市民文化会館=11日午後  岩手県陸前高田市に完成した市民文化会館=11日午後
 岩手県陸前高田市の市民文化会館が完成し、開かれた記念式典=11日午後
画像を拡大する
 岩手県陸前高田市の市民文化会館が完成し、開かれた記念式典=11日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 東日本大震災の津波で被災した岩手県陸前高田市の中心部に市民文化会館(愛称・奇跡の一本松ホール)が完成し11日、記念式典が開かれた。震災で多数が犠牲となった市民会館と中央公民館の機能を合わせ、再建した。震災から9年1カ月。

 岩手県陸前高田市に完成した市民文化会館(愛称・奇跡の一本松ホール)=11日午後
画像を拡大する
 岩手県陸前高田市に完成した市民文化会館(愛称・奇跡の一本松ホール)=11日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 2011年3月の震災では市民会館と、中央公民館が入る市民体育館が全壊。市の推計によると、会館では130~170人が、体育館では80~100人が犠牲となった。市民文化会館は震災前の会館から山側の、約8メートルかさ上げされた場所に建設。3階建てで640人が収容できるホールの他、多目的室や実習室などがある。

 記念式典で戸羽太市長は「皆さんの憩いの場として長く親しまれることを目指している。市や市民の心の復興に寄与することを願う」とあいさつした。

 一般利用は13日から。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング