産経フォト

志村けんさんがコロナ感染、重度の肺炎 各局、影響調査や調整

ニュース

志村けんさんがコロナ感染、重度の肺炎 各局、影響調査や調整

更新 sty2003250012
 志村けんさん  志村けんさん

 タレントの志村けんさん(70)が肺炎のため東京都内の病院に入院していることが25日、分かった。所属事務所は同日、検査の結果、志村さんが新型コロナウイルスに感染、陽性と判明したと発表した。

 事務所によると、志村さんは17日に倦怠感の症状があり、自宅静養を開始。発熱などの症状が出たため20日に医師が訪問診療し、東京都内の病院に搬送され、重度の肺炎との診察を受けて入院した。23日に新型コロナの検査で陽性が判明した。

 保健所の調査が行われ、発症日、濃厚接触者の特定もされている。対象者は自宅待機しているという。感染経路は判明していない。

 志村さんは日本テレビ系のバラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」などにレギュラー出演している。30日にスタートするNHK連続テレビ小説「エール」にも出演する予定になっている。

 所属事務所のホームページによると、志村さんは3月、「志村でナイト」(フジテレビ系)など計9本のテレビ番組出演がある。

志村さん出演番組で対応

 志村さんが新型コロナウイルスに感染したことを受け、テレビ各局は25日、番組収録に参加した共演者らへの影響調査や、今後の放送内容の調整など、対応に追われた。

 志村さんが出演中のレギュラー番組は、日本テレビのバラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」とフジテレビのコント番組「志村でナイト」。両番組とも直近の放送に影響はないという。フジテレビによると、4月以降の放送については未定で、担当者は「調整を急ぎたい」としている。

 この他、30日放送開始のNHK連続テレビ小説「エール」に作曲家役で、また25日夜放送のバラエティー番組「あいつ今何してる?」(テレビ朝日)にも出演。各局は共演者と連絡を取るほか、志村さんと接触したスタッフの健康状態の観察を続けている。

志村さん「3月6日の朝ドラ収録に参加」

 NHKの木田幸紀放送総局長は25日の定例会見で、志村さんが連続テレビ小説「エール」に出演予定であることを明かし、直近の収録で志村さんとともに参加した出演者やスタッフの体調確認などを進めていると話した。「今後も状況把握に努める」という。

 志村さんは、日本を代表する作曲家、小山田耕三役で、昨年の12月から「エール」の収録に参加。直近では3月6日にNHK放送センターで行われた収録に参加したという。

 制作局の担当者によると、出演者やスタッフに対する連絡と状況把握については、NHKが自主的に行っている。濃厚接触の有無などについては、「NHKが判断することではなく、保健所が判断することになると思うが、特に連絡は来ていない」という。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング