産経フォト

「ケイニノミヤ」初披露 パリコレ、花咲くドレス

ファッション

「ケイニノミヤ」初披露 パリコレ、花咲くドレス

更新 sty2003010006
 パリ・コレクションの公式プログラムで開催された「ノワールケイニノミヤ」のショー=2月29日、パリ(共同)  パリ・コレクションの公式プログラムで開催された「ノワールケイニノミヤ」のショー=2月29日、パリ(共同)

 2020~21年秋冬パリ・コレクションで2月29日、二宮啓さんが手掛ける日本のブランド「ノワールケイニノミヤ」が公式プログラムで初となるショーを開催した。深紅のバラの花を集めたようなドレスなど立体感の際立つデザインを披露し、約300人の観客が喝采を送った。

 パリ・コレクションの公式プログラムで開催された「ノワールケイニノミヤ」のショー=2月29日、パリ(共同)
画像を拡大する
 パリ・コレクションの公式プログラムで開催された「ノワールケイニノミヤ」のショー=2月29日、パリ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 パリの凱旋門近くに立つ貴族の旧邸宅の広間を会場にしたショーでは、ブランド名の黒(ノワール)を軸としながら赤や金色を印象的に活用。チェック柄によるロック調のデザインやボリュームのある特殊な素材のドレスに、植物も使った頭部の装飾が効果的に組み合わされ、暗闇に幻想的な美が浮かび上がった。
 大分県出身の二宮さんは08年、川久保玲さん率いる「コムデギャルソン」に入社。デザインから服の型紙を作るパタンナーとして経験を積み、12年に同社から自らのブランドを立ち上げた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング