産経フォト

医療従事者1700人感染 中国、新型肺炎で6人死亡

ニュース

医療従事者1700人感染 中国、新型肺炎で6人死亡

更新 sty2002140016
 新型肺炎患者の治療に当たるため、中国浙江省杭州から武漢に向けて出発する医療従事者=14日(新華社=共同)  新型肺炎患者の治療に当たるため、中国浙江省杭州から武漢に向けて出発する医療従事者=14日(新華社=共同)

 中国政府は14日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスに医療従事者1716人が感染し、うち6人が死亡したと発表した。患者が急増する湖北省では医療物資が不足し、十分な予防策が取れず危険な状態の医師も多い。院内感染が深刻化しており、政府は阻止に向けた対策を急いでいる。

 中国・武漢市内のホールに臨時に設置された病院で、新型肺炎患者に対応する医療従事者ら=8日(新華社=共同)
画像を拡大する
 中国・武漢市内のホールに臨時に設置された病院で、新型肺炎患者に対応する医療従事者ら=8日(新華社=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 国家衛生健康委員会の幹部は14日の記者会見で「医療従事者の感染が増えている」と危機感を訴えた。感染した医療従事者は11日時点で中国全土の感染者の3・8%を占め、湖北省武漢市で感染した医師らは1102人に上るという。
 幹部は医師や看護師らの健康診断を実施し、休憩時間を確保するなどして院内感染を最大限減らすと強調。また企業にマスクや防護服の増産を促し、政府が買い上げて医療物資の供給能力を拡大する方針だ。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング