産経フォト

リネール撃破の影浦は2位 柔道GS、大野V、長沢銀

スポーツ

リネール撃破の影浦は2位 柔道GS、大野V、長沢銀

更新 sty2002100001
 女子70キロ級決勝 新添左季(左)を破り優勝した大野陽子=パリ(共同)  女子70キロ級決勝 新添左季(左)を破り優勝した大野陽子=パリ(共同)
 男子100キロ超級決勝 オランダ選手に一本負けで優勝を逃し、悔しげな表情の影浦心=パリ(共同)
画像を拡大する
 男子100キロ超級決勝 オランダ選手に一本負けで優勝を逃し、悔しげな表情の影浦心=パリ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 柔道の東京五輪代表選考会の一つ、グランドスラム(GS)パリ大会最終日は9日、男女計7階級が行われ、男子100キロ超級で24歳の影浦心(日本中央競馬会)が3回戦で五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)を破る殊勲の勝利。延長戦での技ありで優勢勝ちした。

 影浦は決勝に進んだが、ヘンク・フロル(オランダ)に一本負けを喫して優勝を逃した。

 男子は90キロ級で長沢憲大(パーク24)が決勝で一本負けし、村尾三四郎(東海大)は3回戦敗退。81キロ級で18年世界選手権2位の藤原崇太郎(日体大)は3位。100キロ級は16年リオデジャネイロ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)が3回戦、飯田健太郎(国士舘大)は初戦の2回戦で敗退。

 女子は70キロ級で大野陽子(コマツ)が新添左季(自衛隊)との決勝を制した。リオ五輪代表で78キロ級の梅木真美(ALSOK)は3位、78キロ超級の冨田若春(コマツ)は2回戦で敗退。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング