産経フォト

羽生、SP世界最高で首位 四大陸フィギュア第2日

スポーツ

羽生、SP世界最高で首位 四大陸フィギュア第2日

更新 sty2002080001
 男子SP 演技する羽生結弦=ソウル(AP)  男子SP 演技する羽生結弦=ソウル(AP)
 男子SP 演技後に、リンクに投げ入れられたぬいぐるみを拾う羽生結弦=ソウル(共同)
画像を拡大する
 男子SP 演技後に、リンクに投げ入れられたぬいぐるみを拾う羽生結弦=ソウル(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 フィギュアスケートの四大陸選手権第2日は7日、ソウルで行われ、男子ショートプログラム(SP)は初優勝を目指す羽生結弦(ANA)が2種類の4回転など全てのジャンプを決め、自身の世界最高を塗り替える111.82点で首位に立った。

 2018年大会覇者の金博洋(中国)が95.83点で2位につけ、冬季ユース五輪王者の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が91.61点で5位、友野一希(同大)が88.22点で7位となった。(ソウル共同)

これまでで一番良かった

 羽生結弦の話 久しぶりに考えずにいけた。何の雑念もなく滑れた。これまでのバラード第1番の中で一番良かった。曲をすごく感じながらクオリティーの高いジャンプを跳べたのは、このプログラムならでは。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング