産経フォト

巨人の新人8選手が空自新田原基地を訪問 F-15のエンジン音に…

スポーツ

巨人の新人8選手が空自新田原基地を訪問 F-15のエンジン音に…

更新 sty2002050012
F-15戦闘機の前で敬礼、記念写真に納まる(左から)加藤壮太、伊藤海斗、井上温大、太田龍、堀田賢慎、菊田拡和、山瀬慎之助、平間隼人=航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和) F-15戦闘機の前で敬礼、記念写真に納まる(左から)加藤壮太、伊藤海斗、井上温大、太田龍、堀田賢慎、菊田拡和、山瀬慎之助、平間隼人=航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)
戦闘機のコックピットに乗り込む堀田賢慎=航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)
画像を拡大する
戦闘機のコックピットに乗り込む堀田賢慎=航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)フルスクリーンで見る 閉じる

 巨人の新人8選手が宮崎春季キャンプ休日の5日、航空自衛隊新田原基地を訪問、隊員らから激励を受けた。
 濃い緑色のフライトスーツに着替えた選手たちは、格納庫でF-15戦闘機のコックピットに座るなど貴重な体験をし、スクランブルのデモンストレーションでは、耳栓の効果もないほどのエンジン音に、目を丸くしていた。
 ドラフト1位の堀田(青森山田高)は「国を守るというプロ意識を常に持っていると感じた。自分はプロ野球選手として感動と勇気を与えられるようになりたい」と刺激を受けた様子。ドラフト5位の山瀬(石川・星稜高)は「プロとして極めていく姿はかっこいい。自分は守備を極めたい」と将来の正捕手定着を誓った。

戦闘機のコックピットに乗り込んだ堀田賢慎=航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)
画像を拡大する
戦闘機のコックピットに乗り込んだ堀田賢慎=航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)フルスクリーンで見る 閉じる
戦闘機のコックピットに乗り込む山瀬慎之助=航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)
画像を拡大する
戦闘機のコックピットに乗り込む山瀬慎之助=航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)フルスクリーンで見る 閉じる
F-15戦闘機の前で敬礼、記念写真に納まる(左から)加藤壮太、伊藤海斗、井上温大、太田龍、堀田賢慎、菊田拡和、山瀬慎之助、平間隼人 =航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)
画像を拡大する
F-15戦闘機の前で敬礼、記念写真に納まる(左から)加藤壮太、伊藤海斗、井上温大、太田龍、堀田賢慎、菊田拡和、山瀬慎之助、平間隼人 =航空自衛隊新田原基地(撮影・福島範和)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング