産経フォト

徳勝龍が初優勝、幕尻20年ぶりの快挙 奈良県勢は98年ぶり

スポーツ

徳勝龍が初優勝、幕尻20年ぶりの快挙 奈良県勢は98年ぶり

更新 sty2001260008
結びの一番で貴景勝を土俵際に追い詰める徳勝龍=両国国技館(撮影・桐原正道) 結びの一番で貴景勝を土俵際に追い詰める徳勝龍=両国国技館(撮影・桐原正道)
貴景勝を寄り切りで破る徳勝龍=両国国技館(撮影・桐原正道)
画像を拡大する
貴景勝を寄り切りで破る徳勝龍=両国国技館(撮影・桐原正道)フルスクリーンで見る 閉じる

 大相撲初場所千秋楽は26日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、西前頭17枚目の徳勝龍(33)=奈良市出身、木瀬部屋=が大関貴景勝を破って14勝1敗とし、初優勝した。幕内最下位の幕尻力士の優勝は、史上2人目。2000年春場所の貴闘力(東前頭14枚目)以来の快挙となった。奈良県勢の優勝は1922年春場所の鶴ケ浜以来、98年ぶり2人目。

貴景勝を寄り切りで破る徳勝龍=両国国技館(撮影・土谷創造) 
画像を拡大する
貴景勝を寄り切りで破る徳勝龍=両国国技館(撮影・土谷創造) フルスクリーンで見る 閉じる

 14日目に1敗同士の平幕対決で正代に勝って単独トップに立った。この日の結びの大一番は、出場力士で最高位の貴景勝。徳勝龍は左よつに組み止めると、休むことなく攻め続け、寄り切った。
 「自分なんかが優勝していいんでしょうか」。優勝インタビューは笑顔あり、涙あり。館内から大歓声を浴びた。

貴景勝を寄り切りで破った徳勝龍=両国国技館(撮影・土谷創造) 
画像を拡大する
貴景勝を寄り切りで破った徳勝龍=両国国技館(撮影・土谷創造) フルスクリーンで見る 閉じる
支度部屋で、関係者らと記念写真に納まる徳勝龍=両国国技館(撮影・桐原正道)
画像を拡大する
支度部屋で、関係者らと記念写真に納まる徳勝龍=両国国技館(撮影・桐原正道)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング