産経フォト

大坂が3回戦進出「ドラマチックな展開にしたせいで…」 全豪テニス第3日

スポーツ

大坂が3回戦進出「ドラマチックな展開にしたせいで…」 全豪テニス第3日

更新 sty2001220008
 女子シングルス2回戦を突破し笑顔の大坂なおみ=メルボルン(共同)  女子シングルス2回戦を突破し笑顔の大坂なおみ=メルボルン(共同)
 女子シングルス2回戦でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)
画像を拡大する
 女子シングルス2回戦でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 テニスの全豪オープン第3日は22日、メルボルンで行われ、女子シングルス2回戦で2連覇を目指す第3シードの大坂なおみ(日清食品)が世界ランキング42位の鄭賽賽(中国)を6-2、6-4で下し、3年連続で3回戦に進出した。(共同)

我慢のテニスで流れ引き戻す

 女子シングルス2回戦 ポイントを奪われ、ラケットを投げつける大坂なおみ=メルボルン(共同)
画像を拡大する
 女子シングルス2回戦 ポイントを奪われ、ラケットを投げつける大坂なおみ=メルボルン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 強風の上に技巧派の鄭賽賽との一戦。大坂が乱される要素が詰まった2回戦を突破し、2連覇へまた一歩前進した。第2セットで崩れかけながらストレート勝ち。我慢のテニスで流れを引き戻し「最終セットにいきたくなかった。ドラマチックな展開にしたせいで観客の拍手が増えた」と冗談交じりに笑顔を見せた。
 スライスやネットプレーを駆使する厄介な敵。「フラストレーションがたまる場面は必ずくるから落ち込まずにやる」との心構えで臨んだ、第1セットは磨きをかけるリターンで主導権を握り、3ゲームをブレーク。緩急にも冷静に対処し、自分のリズムを守った。

 女子シングルス2回戦を突破しラケットを掲げる大坂なおみ=メルボルン(ロイター)
画像を拡大する
 女子シングルス2回戦を突破しラケットを掲げる大坂なおみ=メルボルン(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 第2セットは風の影響もあったのか、ショットの感覚が狂い、第3ゲームでミスが続いてブレークを許すとラケットを蹴るような行為があった。第5ゲームも再び落としたが、集中力を取り戻し、丁寧な返球に徹して2-4から4ゲームを連取した。「ピンチを切り抜けることができた。自分のプレーが良くなった」と強くなった精神面を誇った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング