産経フォト

早田ひな、女子単初優勝で2冠 全日本卓球

スポーツ

早田ひな、女子単初優勝で2冠 全日本卓球

更新 sty2001190012
女子シングルスを制し、感極まる早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(恵守乾撮影) 女子シングルスを制し、感極まる早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(恵守乾撮影)
女子シングルス決勝で石川佳純と対戦する早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(恵守乾撮影)
画像を拡大する
女子シングルス決勝で石川佳純と対戦する早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 卓球の全日本選手権最終日は19日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルスは早田ひな(日本生命)が準決勝で伊藤美誠(スターツ)を4-3、決勝で石川佳純(全農)を4-1と、2人の東京五輪代表を破って初優勝を飾った。早田は伊藤と組んだ女子ダブルスと合わせて2冠を達成した。
 石川は4大会ぶりの優勝に手が届かなかった。

恩返しできた

◇ 早田ひなの話 これまで苦しいことや頑張っても結果が出ないときが多かったが、たくさんの人が応援してくれたので結果で恩返しできて良かった。決勝は石川選手と初めて対戦する気持ちで向かっていった。めちゃくちゃ楽しかった。

女子シングルスを制し、感極まる早田ひな。奥は敗れた石川佳純=丸善インテックアリーナ大阪(恵守乾撮影)
画像を拡大する
女子シングルスを制し、感極まる早田ひな。奥は敗れた石川佳純=丸善インテックアリーナ大阪(恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
決勝で対戦した石川佳純と握手を交わす早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
決勝で対戦した石川佳純と握手を交わす早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる
優勝杯を手に、ポーズをとる早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(恵守乾撮影)
画像を拡大する
優勝杯を手に、ポーズをとる早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング