産経フォト

伊藤、3年連続3冠逃す シングルス準決勝で早田に敗れる

スポーツ

伊藤、3年連続3冠逃す シングルス準決勝で早田に敗れる

更新 sty2001190007
女子シングルス準決勝で、早田ひな(手前)と対戦する伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平) 女子シングルス準決勝で、早田ひな(手前)と対戦する伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)

 卓球の全日本選手権最終日は19日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪でシングルスが行われ、女子で3連覇を狙った伊藤美誠(19)=スターツ=が、準決勝で早田ひな(19)=日本生命=に3-4で敗れた。

 伊藤は今大会で女子ダブルス、混合ダブルスを制し、史上初の3年連続3種目制覇に期待が高まっていたが、偉業達成はらなかった。

 女子ダブルスでともに3連覇を果たしたペアの注目対決。伊藤は2ゲームを連取されたが、第3、4ゲームを奪い返す。第5ゲームは接戦の末に落としたが、第6ゲームは11-4と比較的簡単に取りかえした。勝負の第7ゲームは4-4から4連続失点。7-10と迫ったものの、最後はサーブミスで涙をのんだ。

コーチと話す伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
コーチと話す伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる
伊藤美誠と対戦する早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
伊藤美誠と対戦する早田ひな=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング